アニメ「蒼き鋼のアルペジオ:10話 その身を捧ぐ」から12話までの感想

nova-001

蒼き鋼のアルペジオは連載にも多くの戦艦名を持つメンタルモデルが登場するのですが、アニメでは「イオナ」のほか、「ヒュウガ」「タカオ」「キリシマ」「ハルナ」、イオナと姉妹鑑の「400」「402」、「マヤ」「コンゴウ」が登場します。

1話ではイオナ1艘だけだったのに、敵として出会ったのに行動を共にすることになった「タカオ」「キリシマ」「ハルナ」、イオナを溺愛する「ヒュウガ」、ハルナとキリシマを助けてくれたデザインチャイルド「刑部蒔絵(おさかべまきえ)」と10話に入る頃には、にぎやかになったものだなと思いながら「あと3話かー」と見ていました。

タイトルが「その身を捧ぐ」とあったので、どのような内容になるかと思ったら感動して涙腺が緩みっぱなしの回でした。

9話の最後で、イオナの姉妹鑑である「400」「402」の攻撃で潜水艦に大きな穴(パージ)が開いてしまい海底に沈んでいくイ401・・・ED曲も流れない回でした。

10話のOP曲も無く9話の続きで海底に沈んでゆくイ401.。401のナノマテリアルのイニシャライズが書き換えられてしまい自己修復プログラムが機能しない。艦のメンタルモデルであるイオナと(イオナをおいて)脱出できなかった群像との2人だけが海底に沈んでいくシーンが続きます。沈んでいく間にも生命維持機能が低下していくイ401。

群像は生きることをあきらめ、イオナだけでも生かすことをイオナに希望する。

nova-002

以前の感情を持たないイオナであれば、群像を切り捨てて身を守ったのでしょうが、1-10話の間で感情というものを理解できるようになってきたイオナには群像を切り捨てることが出来なくなっていました。

「生命維持に必要な機能を全てカット。生きろ,イオナ…」

ここで群像の手がパタッと落ちたので「え!!主人公死んだ!?」と思ってしまいました。

「いや あたしは 一人になりたくない」

群像たちに出会うまで一人きりだったイオナの心情の変化を表す言葉でしたね。

ここでイオナと群像を探すタカオたち。

nova-003

探知でようやく発見したとき、群像を守るためだけに形体を変えたイ401の姿。そこにイオナのメンタルモデルとしての形は無く、コアとなって群像のそばに寄り添うイオナ。

それを見て「まったくアンタって人は…。これじゃあたしの入り込むスキマなんて,どこにもないじゃない」とタカオがカプセルに身を寄せるタカオ。

nova-004

タカオはここでイ401の再構成するために、自分の身(ナノマテリアル)を捧げます。BGMが静かに流れ海中へ降り注ぐナノマテリアル。

nova-006

nova-005

完全にここで涙腺崩壊でした。

そして水面に浮かび上がるイ401の姿。

nova-007

イオナは群像の胸に手をあてて生きてることを確認して微かに微笑む。

挿入歌はそのままED曲に。

そして敵方(霧)のコンゴウはイ401の生存を確認すると「401を沈めるのはこの私だ」と。しかし「400」と「402」から「コンゴウ」が「アドミラリティコードから逸脱した」と判断し、旗艦からコンゴウを解任。「私は逸脱など!」と自分の味方でもあるマヤに話かけると・・マヤは笑顔で

nova-008

「うん!大丈夫だよコンゴウ。コンゴウは何も心配せずにアドミラリティコードに従ってればいいんだよ」ザザッ…

「うん!大丈夫だよコンゴウ。コンゴウは何も心配せずにアドミラリティコードに従ってればいいんだよ」ザザッ…

コンゴウが解任されたと同時に単純なルーチンを繰り返すだけの監視ユニット化。

そして11話へ続く。。。。。。。
ネタバレというかネタあかしですが、11話でタカオ元気でした(笑
メンタルモデルの実像ではないのですが、パネルとして存在していました(笑)よかった!!

nova-009

それにしても「カーニバルだよっ!」と楽しそうだったマヤが壊れたロボットのようになってしまったのは、コンゴウだけではなく、見ている側としても少しショックでしたね。

11話と12話は「コンゴウ」と「イオナ」の一騎打ちとなるまでのストーリーでした。

コンゴウはイオナに最終的にはメンタル的に?救われる形で終わる形でのアニメでした。

つながれば、、わかりあえれば、、おびえなくていい、、そうしたら友達になれる。

nova-010

何かはわからないけれどコンゴウの心を満たしていく。

タカオもイオナからナノマテリアルの一部を返してもらいメンタルモデルと復帰。群像大好き復活です。

nova-011

ハルナ・マキナ・キリクマ(キリシマ)・・・・は、このままでしょうか?キリクマはキリシマにもどれるのでしょうか(笑)個人的にはこのままヌイグルミ化でも良さそうですが、戦艦的にはマズイ・・ですよね(笑)

nova-012

原作とはかなり異なるストーリーのようでしたが、12話と短いながらも、まとまっていた良アニメでした。映画で感動することはあっても、アニメで感動するとはなかなか出来ないと思っていたのが感動し、12話完走した自分にも感動しました。

また、アルペジオには至るところでCGが使われていました。日本のアニメのCGの可能性が拡がったような気がしました

60年の歩みをアニメーションにして贈った話

anime

還暦祝いを贈る事になりましたが、一体何を贈れば良いのか分からなくなってしまった私は、途方に暮れてしまった事が有りました。何が好きなのかも分かりません。また色々な物を持っている人だったので、私が何かを贈ったとしてももう既に持っている物だったらどうしようと心配になりました。さらに私自身それ程自分でもセンスが良いとは思っていないので、何かしゃれたものを贈る事は出来ないのではないかと思っていました。

しかしお祝いの日は日に日に近づいてきて、時間は待っていてくれません。困った私は友達に相談してみたところ、自分ならではの物、自分しか贈る事ができないのではないかと思う物を贈るのも良いというアドバイスをもらいました。

私だけしか贈る事ができない物が一体何なのか、すごく悩んで困ってしまった私は、自分の生活を見直してみる事にしました。そしてそこで気づいたのが、アニメーションでした。

私自身、アニメがすごく好きでアニメ一筋で生きてきました。私の周りでそういう事をずっと続けてきている人はおらず、皆別の仕事に就いています。アニメーションだったら自分だけしか贈る事ができず、きっと還暦祝いの贈り物としても喜んでもらう事ができるのではないかと考えました。

そこで私は生まれてから今日までをアニメにする事にしました。
60年の歩みをアニメにするという事で、まずは時代背景を色々と調べ、さらに本人にも軽くリサーチしたのですが、アニメーションを贈るという事を内緒にしての作業だったので、リサーチ自体はなかなか大変でした。周りの人にも聞いて、その時代にどういう事が有ったのかというのも色々と調べました。多分、今までの私の人生の中で最も歴史について調べたと言っても過言ではないほど、この60年の事を調べたと思っています。そして出来るだけ忠実に、しかも色々な内容を出来るだけ入れてアニメーションを作る事にしました。

とは言っても、私自身がすべての作業をする事が出来る訳ではありません。まずは手伝ってくれる仲間を探しました。そしてその人たちにどういう目的でアニメーションを作りたいのか、さらにどういう内容にしたいのか、予算はどれくらいなのかという事を伝えて作る事にしました。結局私の用意した予算ではそれ程長時間の物を作る事は出来なかったのですが、お祝いの品としては結構早く鑑賞し終わるのでちょうど良かったのかもしれません。

さて、還暦祝い当日、私はドキドキしながらそのアニメーションを贈った事を覚えています。
ディスクのままで送ってしまっては良くないので、パーティーの途中でサプライズで鑑賞会を開く事にしました。これは周りの人の協力があったからこそできた事です。

そして、実際にそのアニメを見た本人は、すごく嬉しそうな顔をしてくれていました。アニメ一筋で生きてきたからこそ贈る事ができたお祝いという事で、私ならではの物を贈る事ができたと思っています。

また最初私の仕事などに対してもあまり良く理解してくれていなかったのですが、そのアニメーションを見せてからは少し理解してくれたみたいでした。私としてはプレゼントとして贈ったのですが、それ以上に自分自身も得るものがあったと思っています。

還暦祝いの贈り物に何が相応しいか、私は今でも何なのか答えを持っている訳ではありません。ただこうして自分にしかできない贈り物をするのも良いのではないでしょうか。確かに購入するのよりも時間はかかってしまった感じがしていますが、私としては無理に色々な贈り物を探して困るよりも自分自身も楽しみながら贈り物を準備する事ができたので本当に良かったと思っています。

あの時に友人にアドバイスを受けたお陰で、思い出深い品を贈る事ができました。

海洋SF戦記「蒼き鋼のアルペジオ」

ao01

蒼き鋼のアルペジオ(あおきはがねのアルペジオ/ARPEGGIO OF BLUE STEEL)は、近未来の日本とその近海を舞台とした潜水艦が活躍するSF海洋戦記漫画です。2009年からヤングキングアワーズで連載を開始しています。海外にもファンがいる人気の作品です。

あらすじ

温暖化の影響により地上での版図を大きく失った人類の前に、突如として世界各地へ霧と共に謎の超兵器を搭載し、独自の意思を持ち乗員なくして動く第二次世界対戦時の軍艦を模した正体不明の大艦隊が
出現。『霧の艦隊』と名付けられた戦艦群に人類は海上から駆逐。シーレーンも、海を隔てた長距離通信も絶たれ、人類は制海権を失って地上に出られなくなった。事態の打開も見いだせぬまま、経済活動
や政治・軍事の混迷により人類同士での内乱も生じ、衰退へと転がり落ちていった。それから17年後。士官候補生の千早群像とその仲間達は、人類側についた『霧の艦隊・イ401』に乗り込んで『霧の艦隊』
と戦っていく。

千早 群像

千早 群像(ちはやぐんぞう)/CV:福山潤・興津和幸

ao02

千早群像はこの作品の主人公で18歳。
容姿は黒のショートボブにスーツ姿。海洋技術総合学院の士官候補生であり、潜水艦イ401の艦長。士官学校時代の成績も優秀で、勘が鋭く常に冷静沈着。

若くして政府 高官とも対等に渡り合える程の度胸を持ち、的確な戦術を即座に立案することができる。偉大な父に憧れて海軍士官を目指していたが、父親が行方不明になってしまう。次に現れた時には敵である霧の艦隊。と共に行動しているという事実にショックを受け、非常に鬱屈とした学生時代を過ごした。しかし、父親が裏切り者であるという事実を受け入れられず霧の艦隊の戦略ではないかと疑問視している部分もあ
る。

イオナ

イオナ(イ401)/CV:悠木碧・渕上舞

ao04

旧帝国海軍伊四〇〇型潜水艦二番艦・伊四〇一の形状をしている元『霧の艦隊』所属の艦艇。

他の霧の艦隊と異なり、人類を海洋から駆逐するという指令を受けていない模様。「霧乃イオナ」と名乗り海洋 技術総合学院へ生徒として潜入していた時期に群像と出会う。現在は群像達の指示・操作に従って行動している。

通常は搭載していない超重砲を装備し、超重砲艦「イツクシマ」「ハシダテ」等のオプション艦を用いたミカサ戦術システムの運用等、飛躍的に戦闘能力を高めている。超重砲の装備はヒュウガの手による改装。

メンタルモデル(艦艇を擬人化させた少女達のこと。)であるイオナは銀髪の小柄の少女。必要なこと以上は話さない寡黙なタイプだがギャグ調の表情もするため、無愛想ではない。人手不足の時は額に番号がふられた小柄な分身を出現させて作業に従事させることができる。

メンタルモデルを持つ霧の艦隊の中ではヤマトに並ぶ最古参の一人。

艦体の艦番号I-401の下には「”Dreifach ist der Schritt der Zeit: Zoegernd kommt die Zukunft hergezogen Pfeilschnell ist das Jetztentflogen Ewig still steht die Vergangenheit…”」というフリードリヒ・フォン・シラーの詩が書かれている。意味は「時の歩みは三重である:未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている…」。

橿原 杏平

橿原 杏平(かしはらきょうへい)/CV:白石稔・宮下栄治

ao07

イ401の火器管制担当で雷撃手。
主人公千原群像の同級生。学院での成績は総合200番代と良くないが、砲撃技術は霧の艦隊からも賞賛を受けるほどの腕前。

常にゴーグルをしており、浅黒い肌にタトゥーがある。とても陽気なムードメーカー。オタク趣味があり、イオナとアニメ鑑賞をしたり携帯ゲームで遊んでいる。しかし、イオナに対しては霧のデータベースにアクセス出来ることなどから疑いを持っている。

八月一日 静

八月一日 静(ほづみ しずか)/CV:東山奈央

ao09

イ401のソナー・センサー担当で主に索敵などを担当している。
他のクルーよりも後から参加をしており、千早群像の同級生ではない。

容姿はストレートロングの黒髪にメガネをかけている。

戦闘スキルはクルーの中でもかなり高く、硫黄島基地が襲撃された際、トラップを駆使して軍人を翻弄したり、日本陸軍の工作部隊を手球にとるなどしている。父と兄から戦闘技術を学んだような描写があり、なんらかの実戦経験があるとうかがえるが過去は現時点では不明となっている。

どのような経緯でイ401に参加したかも不明ではあるが、イ401を我が家だと思えるほど気に入っている。

織部 僧

織部 僧(おりべ そう)/CV:杉田智和・松本忍

ao05

群像の幼なじみでイ401の副長を務めている。
常に頭部を全て覆い隠す形状の高性能マスクを付けており、素顔は明らかになっていない。マスク着用の理由は「アレルギー避け」。重度の呼吸器アレルギーで あり、その対策としてマスクを着用している。

学院時代は群像に次ぐ優等生であり、知的で穏やかでかつ理論的。プレゼン資料やリストの作成といった作業を非常に好み、横須賀寄港時に海軍から霧の艦隊の講義を依頼された際は怪しげな笑い声を上げながら徹夜で資料を書いていた程。

実践時にはほとんど出番はないが、作戦立案などの副長としての能力にはクルー全員からの信頼が暑厚い。青き艦隊メンバーの縁の下の力持ち的な立場にいる。

四月一日 いおり

四月一日 いおり(わたぬき いおり)/CV:豊崎愛生・津田美波

ao06

イ401の機関調整やメカニックなどの技術担当。群像の同級生。学生時代の成績は総合5位。

機関士であるため一人だけ配置がブリッジと離れている。その為、イオナ2号(イオナの小さい分身のこと)をよく 派遣してもらい寂しさを紛らわしている。性格はサバサバとしており、明るく面倒見が良い。

イオナとは仲がよいらしく、作戦会議の際には二人でいる姿がよく見られる。もっとも霧の動力源を知る人物であるとされている。

タカオ

タカオ/CV:佐藤利奈・沼倉愛美

ao10

旧帝国海軍高雄型重巡洋艦一番艦・高雄の形状を模した元霧の艦。メ

ンタルモデルは腰まである長い青髪のスレンダーな女性。イオナと同じくデフォルメした分身体に雑用をさせている。「乙女プラグイン」なるものが実装されており、群像に対して恋心のような感情を抱いている。

タカオはナゴヤ沖に早期警戒艦として配置されており、そこに横須賀を目指すイ401が接近。広域索敵能力を有した潜水艦501と連携して交戦するが、超重砲による砲撃によって敗退。この戦闘により、群像に対して強い興味を持たタカオは直後に霧の指揮系統から独断で離れ出奔。一週間程北海道で人間に紛れて過ごし、精神的に大きな成長を遂げ人間臭くなる。その後、群像らの母港である硫黄島基地へ先回りして待ち受けていた所を拿捕され、イ401に加わることになった。現在ではイ402と共に横須賀へ赴いており、「蒼樹タカオ」と名乗り海洋技術総合学院の生徒として過ごしている。

他の艦に比べて戦術は創意工夫に富んでおり、霧の中でも手練とされている。しかし、戦闘中、弾薬などの消耗を気にする余り手数を優先してしまう等詰めの甘い部分が見られる。蒼き鋼加入後、U-2501と接触し交戦した際には船体とメンタルモデルの一部を失う失態を犯している。

次ページへ »

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 当サイトの紹介

    当サイトは日本のアニメに魅せられたフランス人が運営するサイトです。Cool Japan最高を合言葉に日々運営をしています。名シーンを動画や写真で紹介しています。
  • ↑ PAGE TOP